今月のキラリ

 
フォーム
 
旭川北医院 忍 則子
安保法制は絶対に許せません
 
 北医院デイサービスセンターで看護師として、利用者さんの健康管理と機能訓練指導をしています。要介護状態である利用者さんの居宅での生活機能の維持と向上のため、それぞれの目標にあわせて、歩行訓練や体操などの運動や、しりとりなどの脳トレーニングを行っています。
利用者さんと一緒に体操をしながら笑いがあふれたり、ご家族から「体操をして足の動きがよくなりました」とのお話があったりします。そういったところにやりがいを感じており、今後も頑張っていきたいと思っています。
最後に、私は人の命を奪うことにつながる安保法制施行が絶対に許せません。その廃止を訴え続けていきたいと思います。
 
 
一条通病院2病棟 西尾 理香
 私は3月まで、一条通病院のリハビリ回復病棟である2病棟で准看護師として勤務していましたが、このたび看護師国家試験に合格し、改めて看護師として同じ2病棟で勤務しています。
準看護師の時との違いは、業務内容が大きく変わったことです。以前は採血や点滴、患者さん対応が中心でしたが、今は先輩看護師の指導のもと、担当部屋を受け持ち、業務を行っています。
担当部屋の患者さんの疾患や健康状態、内服薬の把握、リハビリの内容や進行状態の把握をはじめ、患者さん一人一人が抱える看護問題に対し、どのような援助が必要なのか考え悩み、看護職の責任の重さを実感する毎日です。
また、電子カルテや他職種と連携など不慣れなこと、戸惑うこともありますが、そのような時には患者さんの笑顔やリハビリを頑張る姿に元気や勇気をもらい、看護師として喜びを改めて感じています。
リハビリ回復病棟の一員として、退院後の生活を見据えた看護を提供できるよう、これから頑張っていきたいと思います
 
かたくりの郷 對馬加央里
 かたくりの郷3階療養棟で勤務し、1年3ヶ月が経ちました。かたくりの郷への異動の話があった時は、それまで主に外来で働いていた為、業務内容が異なる場所での勤務にとても不安になったことを思い出します。
 
 現在の職場では主に処置を担当しているのですが、褥瘡処置やバルン・胃瘻など今まであまり経験が無く、わからない事ばかりで先輩方に教わりながら、日々勉強させていただいています。
 
 毎日処置している中で、利用者さんから「今日もお願いね」「痛みがよくなってきたよ」など声をかけてもらえると、とても嬉しく思います。これからも多くの利用者さんの笑顔が見られるようにお手伝いしていけたらいいなと思います。
 
 
ながやま医院 小林和子・福嶋美千代
 私たちは『ながやま医院デイサービス』で看護師兼機能訓練指導員として働いています。これまでは利用者さんの健康管理が主業務でしたが、個別機能訓練も行うようになり、毎日忙しく働いています。二人勤務の日は週に一度なので、情報を共有し、お互いの『看護の心』に刺激を受け、励まし合いながら充実した日々を送っています。
 
 機能訓練においては、利用者さんの「リハビリのおかげで転ばなくなったよ。ありがとう」というような声を聞く機会があり、人を思う心がお互いの幸せに結びつくこの職場に、私たち二人の看護師はやりがいを持って働いています。
 
 『笑顔』を届けることによって、たくさんの『笑顔』を受け取れるようにこれからも頑張っていきます。
 
 
一条クリニック 工藤麻里絵
 私は看護師になる以前は、一条クリニックで受付スタッフとして勤務していました。受付業務では、体調の悪い患者さんを目の前にしても「お待ち下さい」としか言えませんでしたが、優しい笑顔で丁寧に患者さんのケアをする看護師の姿を見て、強く心を動かされました。
 
 私にもっとできることはないか、もっと患者さんの力になりたいと考えるようになりました。そんなとき、ある看護師さんに「その気持ちがあるのなら看護師になりなさい。」と背中を押して頂き、昨年3月に念願の看護師資格を取得することができました。仕事・子育て・学業の日々で挫けそうなとき、いつも職場の先輩、患者さんの笑顔に励まされ、資格取得を達成することができたと感謝の気持ちでいっぱいです。
 
 そして昨年4月から、私のスタート地点である一条クリニックに配属となりました。日々の患者さんの笑顔が元気の源となり、その人らしい生活を支える外来看護にやりがいを感じています。患者さんの思いを受け止め、寄り添う看護を実践していきたいと思います。
 
 
一条通病院外来 水野あすか
 小さい頃からの夢であった看護師として、4月から一条通病院の外来で勤務しています。毎日が苦労の連続ですが、スタッフのみなさんに一つ一つ丁寧に教えて頂きながら外来看護師として必要で迅速な対応や判断力、チームワークの大切さなどを学んでいます。
 
 外来では、限られた時間の中で患者さんに必要な看護を判断し、実践していかなくてはならないため、その難しさを日々痛感しています。通院患者さんの帰宅先にはそれぞれの生活があるという部分を含めて、自分はどんなお手伝いができるのかを考え、実践していけるようになりたいと思っています。
 
 また多くの患者さんとの出会いがあり、「ありがとう」と笑顔で帰られる姿にやり甲斐を感じています。患者さんが少しでも元気になり「来てよかった」と思いながら帰って頂けるように、患者さんの目線に立った看護を実践していけたらと思います。まだまだ力不足ですが、感謝の気持ちを大切にしながら、日々の学びを積み重ねて頑張っていきたいと思います。
 
 
宗谷医院・さわやかポート 前田香菜・遠藤沙織
 外来と訪問看護の兼務をしながら日々頑張っています。稚内は風が強い町で、特に今の季節は吹雪の中を市街から離れた遠方(車で30分)まで訪問に行くこともあります。
 
 宗谷医院は在宅療養支援診療所、さわやかポートは24時間対応をしているので、夜間・休日の待機や在宅看取りも行っており、体調が優れない方への連日の訪問や、癌・非癌問わず看取りの件数も多くなってきています。患者(利用者)さん・家族が満足出来る看護を心がけて実践し、とてもやりがいを感じています。また、宗谷医院はデイやケアマネなど多職種との連携がとりやすいのも強みであり、生かしながら頑張っています。
 
 2人ともまだ小さい子供がおり、時には子供の病気で急に仕事を休まざるを得ないときもありますが、スタッフの皆にも協力してもらい、育児と仕事を両立しています。宗谷医院では若手の2人ですが、患者さんの笑顔を少しでも多く見られるよう、これからも頑張っていきます!
 
 
4病棟 高木 睦・山口 純
4病棟 高木 睦
 
 北見市出身で、最初は会社勤めをしていましたが、25歳で旭川に引っ越しました。その後一大奮起して、旭川市医師会看護学校に入学、看護師の資格を取得しました。今年で入職して10年目になります。最初の頃は不安もありながら、諸先輩看護師の皆さんに色々教えていただきながらここまで頑張ってきました。2人の子供は小学生と中学生になり、子育ても一段落、仕事を終えてから趣味のママさんバレーやバトミントンをして、爽快な汗をかいて普段の運動不足を解消しています。
 
4病棟 山口 純
 
 勤医協に看護師として勤務して今年で5年目になります。初めは急性期病棟や緩和病棟など病棟勤務をしてきました。中でも緩和病棟の時は、患者さんを看取るなかで「生と死」に向き合い、改めて生きることについて考えさせられました。絶えず見つめ直す機会を持ち、患者さんに対する見方や考え方が大きく変わりました。自分の子ども達はまだ小さいですが、熱を出した時でも休むことができ、働きやすい職場環境に恵まれています。休みの日にはDIY(日曜大工)の趣味を活かして、部屋を飾るインテリアを作ったり、手芸でリボンマットを作り楽しんでいます。
 
 
ぬくもりポート 三塚洋子
 訪問看護ステーション「東光ぬくもりポート」で訪問看護師をしています。訪問看護歴10年、利用者さんとじっくり関わることのできる訪問看護にやりがいを感じています。
 
 利用者さんは人生の先輩です。その方の生き方や経験、お料理や夫婦・姑嫁の円満の秘訣まで、たくさんの事を学ばせてもらっています。2人の子どもも大人になり、自分の時間を持てるようになったいま、改めて看護師としての自己成長を願っています。利用者さんから「また来てね」と言われる訪問看護師になりたいと日々努力しています。
 
 
在宅医療部 鶴巻裕子
 道北勤医協に入職して20年。10年前育児休暇後に訪問看護ステーション東光ぬくもりポートに異動、そして3年前に在宅医療部の師長になりました。病棟勤務の頃は在宅分野なんて未知の世界で、戸惑うばかりでしたが、沢山の在宅患者さんと出会い別れも経験し、「患者さんが、お家では『患者』ではなく、夫であったり、妻であったり、父であったり、母であったり・・・その人らしく生活するために、自分は何をしてあげられるだろうか・・・」と考えて支援していく中で、在宅医療、在宅看護にやり甲斐を感じるようになりました。
 
 在宅医療とは、「体調面などから通院することが難しい患者さん、病院を退院して自宅で療養される患者さんを、医師が定期的にご自宅を訪問し、診療すること」です。 一条通病院では、7名の医師が、外来、病棟を掛け持ちして月曜日から金曜日まで毎日診療に入り、東光・豊岡、東旭川、東神楽方面を回っています。また、自宅だけではなく、グループハウスや有料老人ホームなども訪問診療しています。各診療所の医師も地域の訪問診療をしています。希望される方、ご家族の方は、気軽にご相談ください。
 
 在宅医療部の宣伝になってしまいましたが、「住み慣れた家、地域で、いつまでも暮らしたい」という思いに寄り添い、支援していく「地域の看護師」になれるよう、これからも頑張って行きたいと思っています。
 
3
<<医療法人道北勤労者医療協会>> 〒078-8341 北海道旭川市東光1条1丁目1-16 TEL:0166-33-1117 FAX:0166-32-6925