今月のキラリ

 
フォーム
 
かたくりの郷 蒔田 朋美
2017-06-01
寄り添う看護の素晴らしさに気づく
 
 かたくりの郷に勤務し半年が経ちました。
 これまでの外来での『患者さん』から、慢性期や認知症、そして終末期の『入所者さん』への看護に変わりました。外来勤務が長かったため、初めは業務内容の違いにとても戸惑いがありましたが、半年経ち少しづつ慣れてきたかと思います。
 外来との違いは、症状を自分からうまく訴えることができない入所者さんも多く、小さなことでも体調の変化を見逃さないよう日々の観察がとても大切なこと、施設内に医師が常駐していないため、自分自身の判断力も重要となってくるという点です。
 勤医協に初めて入職してから17年が経ちました。昨年、仕事と家庭のバランスがうまくいかず一度退職し小規模な医療機関で勤務していましたが、勤医協の『寄り添う看護』の素晴らしさに改めて気づかされ再び入職させて頂きました。
 今までの経験を活かし、これからも良い看護ケアを実践出来るように頑張っていきます。
 
宗谷医院 高橋 舟子
2017-05-01
宗谷医院で学び、患者さんに寄り添う看護師に
 
 今まで病棟勤務しか経験のなかった私にとって、宗谷医院は訪問看護・訪問診療・外来と未知の世界であり、何もかもが初めてで右も左もわかりませんでした。そんな私に宗谷医院の皆さんは一つ一つ丁寧に教えてくれました。
 病棟勤務の時は退院後の自宅での過ごし方などは知り得なかったことで、そこにどのような職種の人たちがどのように関わっているのかなどあまり知りませんでした。
 宗谷医院で働くようになり、様々な職種がしっかり連携していることが自宅療養を望んでいる人たちの架け橋になっていることを学びました。
まだまだ勉強不足なことがたくさんありますが、何か少しでも皆さんのお役にたてるようになっていきたいと思っています。
 
ながやま医院  前田 滋子
2017-04-01
外来看護を極めたい
 
 勤医協に勤めて早7年目になりました。最初の病棟勤務は以前の病院でも経験があったのでブランクがあっても比較的スムーズに仕事を覚えることができました。
 
 しかし、2年前よりながやま医院に異動となり、まずは「外来とは?」から始まり日々仕事をするうえで自分の勉強不足を痛感し、電子カルテの移行時期とも重なり苦労しました。その中でも一緒に働く医師や看護師、事務のスタッフ、患者さんからの優しい声かけに支えられてここまで来たように思います。
 
 外来看護師は、患者さんの訴えに傾聴し病状を把握しアセスメントして、医師の診察がスムーズに入れるよう配慮するこことが大切です。まだまだそこまで到達できませんが、日々、努力して邁進していきたいとです。
 
 
一条クリニック 大平 ありさ
2017-03-01
患者さんの笑顔が嬉しい
 
 一条クリニックに配属されてから、半年が経過しました。その前は病棟勤務で、外来への配属は不安でいっぱいでした。外来勤務は仕事を覚えるだけではなく、応用力が必要であり日々大変ですが、不安が軽減する出来事もたくさんありました。
 
 その一つは、今まで病棟で出会った患者さんがご家族とともに元気に通院されている様子を見たことです。中には私の顔を覚えていてくれ、声をかけてくれる患者さんもいました。そんな日々から患者さんの普段の生活を感じることができています。
 
 また外来では、インスリン注射のやり方などを患者さんに説明することがあります。前回の指導 から患者さんの病態が改善し、本人の頑張りや笑顔を見て、なんだか私も嬉しくなります。
 
 患者さんが笑顔で来院されることが私の元気につながっています。
 
 たくさんの出会いに感謝し、先輩方のような看護を提供できるように、これからも日々精進していきます。
 
訪問看護ステーション東光ぬくもりポート 片岡千晶
2017-02-01
利用者さんの生活から多くを学ぶ

  2015年8月に一条通病院の病棟勤務から現職場に異動し、訪問看護師として勤務しています。

  病院から地域に出て印象的に感じたのは、利用者さん一人一人が、今まで生きてきた人生に誇りをもって生活されている姿でした。

  家族と支え合って生活する姿、一人暮らしでも自分らしく生活される姿、地域の人に支えられて生活する姿、家族に見守られて旅立つ姿。訪問看護を通じて、このような利用者さんの生活者としての姿から多くのことを学ばせていただいています。

利用者さんが安心して在宅生活を送れるよう、訪問看護師としてこれからも利用者さんの家に居たい」という思いに寄り添って支援していきたいと思います。
 
一条通病院外来 田村 裕子
2016-11-29
 患者さんとご家族の不安を軽減できるケアを
 
 道北勤医協に入職して5年になります。今年5月に一条通病院3病棟から外来へ異動になりました。外来にきて最初に感じたことは、職員と顔見知りの患者さんが多く、地域に密着したあたたかい雰囲気のある場所だということです。
  慣れない外来業務でお待たせすることもあり大変申し訳なく思っていますが、そのような時でも患者さんにはいつも笑顔で声をかけていただき、とても励まされ感謝しています。
  外来は病棟と違い、短い時間の中で患者さんの生活背景や症状を捉えていかなければなりません。患者さんが話しやすい雰囲気づくりをして、少しでも患者さんとそのご家族の不安軽減につながるようなケアをしていきたいです。
  丁寧な対応で笑顔を忘れずに、患者さんに寄り添った看護ができるように頑張っていきたいと思います。
 
一条通病院 在宅医療部 松田 由紀
「地域の看護師」めざして
 
今年6月から在宅医療室に勤務しています。
自宅や施設への訪問診療の際にいつも感じることは、患者さんやご家族、施設職員の方が診療を心待ちにされているということです。「先生が来て下さった」と患者さんをはじめ、皆さんの表情が変わり、体調の変化や不安な事などを話されます。心待ちにされていた方々に限られた時間の中でより良い診療を行えるよう、事前の情報収集や処置の準備などを充分に行うことの大切さを実感しています。また、訪問看護など他部門との連携の大切さも学んでいます。
4か月たった今も緊張の毎日ですが、温かい声をかけて下さるスタッフの方々にいつも支えられています。
入職の際に看護師長さんからのお話にあった「地域の看護師」という言葉が胸に残っています。知識も技術も未熟ですが、ご指導を頂きながら、私も「地域の看護師」に一歩でも近づけるよう、日々努力していきたいと思います。
 
 
一条通病院4病棟 西島 有樹子
2016-10-26
患者さんを深く捉える民医連の看護観を学ぶ毎日
 
学生時代は一条通病院に所属し、看護助手として働かせて頂いていました。卒業を機に退職しましたが、看護師としてもっと成長したいという気持ちが強くなり、自分はどんな看護師になりたいだろうかと考えたとき、頭に浮かんだのは学生時代に毎日目にしてきた一条通病院の看護職員の姿でした。
再入職してから3か月経過し、患者さんの病状だけではなく、患者さんの背景や入院前後の人生までも見据えた先輩看護師の看護観から、毎日大きな気づきや学びを得ています。
自分も早く先輩方の様になりたいという前向きな気持ちと、果たして自分がなれるのだろうかという不安な気持ちを行ったり来たりの毎日ですが、患者さんの笑顔と先輩職員の温かい指導や励ましに支えられ、頑張ることができています。
良い意味で、焦らず無理をせず前向きに経験を積んでいきたいと思っています
 
旭川医院 大木 道子
患者さんとのお話が大変励みに

私の勤務している旭川医院では、看護師長、フルパート2名、午前パート2名の計5名の看護師がおり、医師の診療補助を行っています。
患者さんの対応をする中で、患者さんの急な状態変化や入院調整、電話対応などが発生した場合、お待たせすることもあり、大変申し訳なく思っています。
萩原信宏院長の診療では患者さんひとりひとりとの対話内容に、一期一会のご縁を感じる場面が度々見かけられました。また、長い待ち時間の後に診察室に入られた患者さんからの萩原院長への労をねぎらう言葉には、頭の下がる思いです。
私の旭川医院での勤務歴も7年目となりましたが、顔見知りの患者さんと顔を合わせてお話を聞かせていただけることは大変励みになります。いつも暖かい声をかけていただき感謝の気持ちでいっぱいです。
来院された患者さんの心と身体の負担を少しでも軽くしていただけるように、これからもお手伝いさせていただきます。
 
一条通病院3病棟 石田真帆
民医連の看護を先輩、患者さんから学ぶ毎日です

今年4月の入職から4か月が経ちました。入職当初はわからないことが多く不安でしたが、先輩方が優しく教えてくださり、少しずつですが自信を持って出来ることが増えてきました。
患者さんから「頑張ってね」「ありがとう」と言葉をかけて頂くこともあり、患者さんのために自分ができることを増やしていこうと強く思います。
これからも先輩方や患者さんから学ばせて頂き、成長していきたいです。

3病棟 吉川真奈美
4月から新人看護師として仲間入りさせて頂きました。急性期病棟への配属が決まり不安はありましたが、今では病棟の雰囲気にもなじみ毎日楽しく働いています。
毎日、患者さんや家族と関わる中で先輩方に支えて頂きながら新しい知識や技術を学んでいます。
社会人、看護師としての自覚と責任をもち、より患者さんと家族の気持ちに寄り添える看護が提供できるように頑張っていきたいです。
2
<<医療法人道北勤労者医療協会>> 〒078-8341 北海道旭川市東光1条1丁目1-16 TEL:0166-33-1117 FAX:0166-32-6925