本文へ移動
RSS(別ウィンドウで開きます) 

6月ももうおわり

2021-06-29
6月29日(火)
 
こんにちは。
暖かい日がつづいています。
 
寒いよりはとても
ありがたいことです。
 
6月もあっという間に
もう終わり。
 
ほんとうになんにも
いい思い出や
記憶のないまま
年明けから今にいたっています。
 
コロナのプレッシャーも
今は一瞬落ち着いていますが
オリンピックも控えて
医療従事者は
まったく楽観していません
(というか悲観しかありません・・)。
 
先日週末にまる1日
朝から晩まで缶詰状態の
小児科関連の
とある認定実技講習会と
試験へいってきました。
 
更新のたびに
自分はどんどん
年長者になっていき、
周りの受講者は
とうとう自分のこどもの
年齢よりも年下の
若手医師看護師ばかりに
なってしまい
(ダブルスコアかそれ以上・・
(苦笑)
 
そんな若い参加者に
まじって講習を受けてきました。
 
若いっていいですね。
体も反射的にパッと動くし
判断も速いし
体力・気力も充実。
 
あんな頃が
自分にもあったかと
感慨深くなります。
新しいことを取り入れていったり
日々更新していくことは
大切なのはもちろんですが
なかなか気力体力が
ついていかないのが
おじさんならではの悩みですが、
今回は非常事態宣言あけ直後という
絶妙なタイミングでの
講習会だったので
(すこし時間がたつとまた
コロナの影響でこの手の
講習会は中止がつづく)
頑張って参加してきてよかったです。
 
疲れがとれるまで
あと数日かかりそうです・・。
 
河川敷を安心して走れるよう
熊がはやく
いなくなってほしいですね。
 
Dr 久保田
 
 

夏の始まりです

2021-06-11
6月11日(金)
 
暑くなってきました♪
短い夏の始まりです!
 
マスク生活になって
度目の夏になりますね。
 
よく言われているのですが…
マスクをしていると
喉の渇きを感じ辛いです。
 
脱水や熱中症予防に
早め早めの水分摂取が
大事になりますね。
 
さて小児科では
RSウイルス感染症が
ちらほら見られていました。
 
咳や発熱が辛い病気なのですが
効果のあるお薬はありません。
 
咳止めや熱冷ましを
上手に使いましょうね。
 
看護師 坂牧

6月

2021-06-08
6月8日(火)
 
あっという間に
5月も終わり6月に
なってしまいました。
 
コロナウイルス流行の影響で
日々楽しいことがあるわけでもなく
明るい気持ちになるはずの春も
気分的には今一歩ですね
(なんて言ってる間に
あっという間に夏も終わり
寒くなってくるのが恐ろしい・・)
 
はやくこどもたちや
こどもに接する仕事をしているかたにも
ワクチンがうてるように
なればいいですね。
 
6月から小児科の
診療体制が変更になっています。
 
毎週水曜のPMが休診になるのと、
第2第4土曜日が
休診になりました。
 
今月6月の土曜日は12日・26日 が
休みになります。
よろしくお願いいたします。
 
Dr 久保田

6月になりました

2021-06-04
6月4日(金)
 
6月になりました。

毎週水曜日は午後休診になっています。
さらに第ニ、四土曜日も休診です。
お間違えないようにお願いいたします。
 
小児科は流行ありません。
胃腸炎程度かな?
 
6日は小児科当番病院です。
何かあれば受診下さい。
 
おたふくワクチンはなくなりました。
現在メーカーで生産していません。
10月以降の出荷予定と聞いています。
 
しばらくご不便をおかけしますが
よろしくお願いします。
 
看護師 坂牧

わるいこと

2021-05-18
5月18日(火)
 
こんにちは。
 
札幌をはじめとして
全道的に感染者急増で
不安な日々ですね。

緊急事態宣言で
学校生活の制約も
さらに大きくなり
大変になりました。
 
こどもたちは
がっかりしてるでしょうね。
 
悪いニュースばかりで
TVをつけてもネットを見ても、
SNSを開いても
気持ちが重ぐるしくなる
話題ばかりでこまります。
 
コロナだけでなく、
ミャンマー軍事政権の暴力、
パレスチナでの衝突激化、
入管での死亡事例・・・
 
身の回りでも
がっかりすることや
やる気を失わせることばかり。

震災の時の津波や
原発事故の映像と同じで
繰り返しネガティブで
悲惨な情報を入力することで
脳は疲れてしまい
判断力もにぶり
元気も失われてしまいます。

世の中のニュースというのは
起きた悪いことを
否定的に報道はしても、
どこかのだれかが
必死になって
未然に防いで起きなかったことは
報道はしません。
 
この騒がしい時代に
最低必要な正しい情報や
科学的な見通しなんかは
取り入れることは必要でしょうが、
ある程度のところで
やめておかないといけないなあと
常日頃感じています。
 
気分がふさぐまで
情報を取り入れては
いけないというかんじです。
 
こうなったのは誰の責任だ!
と青筋たてて批判することも
ある場面には必要でしょうが、
心の中が怒り・不安・
失望だらけになると
現実の生活や仕事は
やはりうまくいかないなあと
実感します。
 
「良いニュースは小さな声で語られる」
とは某作家のおことば。
こころ静かによいことに
耳を傾けられるように
しておきたいものです
(なかなかむずかしいのですが・・)。

Dr 久保田
TOPへ戻る