病棟のご案内

 

2階 回復期リハビリ病棟

2階 回復期リハビリ病棟
 
回復期リハビリテーション病棟とは、脳血管疾患や大腿骨頚部骨折などにより、最も回復が期待できる時期に必要とされるリハビリテーション医療を集中的に提供し、寝たきり防止と家庭復帰を目的とした病棟です。専門リハビリスタッフによる機能訓練に加え、病棟内での日常生活動作(移動、食事、排泄、入浴、更衣など)の訓練も重視し、生活機能の向上を目標としています。
この病棟では、病名と、病気・怪我を発症してから入院するまでの期間が決められています。
 
入院の対象となる疾患は
  1. 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症後若しくは手術後の状態、又は義肢装着訓練を要する状態(発症後又は手術後二か月以内)
  2. 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節若しくは膝関節の骨折又は二肢以上の多発骨折の発症後又は手術後の状態(発症後又は手術後二か月以内)
  3. 外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後の状態
    (手術後又は発症後二か月以内)
  4. 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後の状態(損傷後一か月以内)
  5. 股関節又は膝関節の置換術後の状態(損傷後一か月以内)
 
病床数は60床で、個室~4人室がありますが、患者様の状態に合わせて決めさせていただいています
 

3階 一般病棟・地域包括ケア病床

3階 一般病棟・地域包括ケア病床
 
 内科・整形外科周手術期を含む急性期と地域包括病床がある病棟です。
 一般病棟とは、急性期疾患の患者様や、慢性疾患が悪化した患者様などに対する治療を行う病棟です。病床数は急性期が37床です。個室~4人室がありますが、患者様の状態や治療上の必要性に合わせて決めさせていただいています。
 また急性期治療後の在宅復帰に向けた医療や支援を行うため地域包括ケア病床が9床あります。
<<社会医療法人道北勤労者医療協会>> 〒078-8341 北海道旭川市東光1条1丁目1-16 TEL:0166-33-1117 FAX:0166-32-6925