発疹多めの場合
   
【写真説明】
突発性発疹症:溶連菌よりも大きめの粒で淡い赤い発疹が顔・体にでます。四肢には少なく、発疹は集まっていずに散らばってパラパラした印象です。
 
≪突発性発疹とは≫
  ヒトヘルペスウイルス6型、7型により生後4~5ヶ月から1歳すぎくらいまでの赤ちゃんが、突然高い熱を出して3~4日続いた後、熱が下がってから、全身に発疹が現れる病気です。

  生まれてから初めての熱であることも多く、咳も鼻水も出ません。時々便がゆるくなることがあります。熱が高かったわりには元気もよく、発疹が出てから機嫌が悪くなることがあります。人から人へうつる事はありません。はしかや風疹と間違えることがありますが、まったく別な病気です。

≪治療≫
熱が高くて機嫌が悪ければ熱さましを使ってください。

≪家庭で気をつけること≫
① 高い熱
 高い熱が続きますが、熱で頭がおかしくなることはありませんのであわてないでください。

② 熱さまし
 38.5℃以上になり機嫌が悪くなるようであれば、熱さましを使ってください。
 熱さましは5~6時間以上あけて使うようにしましょう。

③ 食べ物~何を食べても良いです。水分は十分に取りましょう。下痢をした時には消化の良いものをあげましょう。

④ 衣服 
 厚着はさけてください。

⑤ 入浴
 熱が下がったら入ってもよいです。



≪もう一度、病院へ来なければならない時≫
☆ひきつけをおこしたとき
☆水分をあまり取らず、元気のないとき
☆意識がいつもと違うとき
☆水分をあまりとらず、元気がないとき


道北勤医協一条通病院 小児科
 

発疹の出る病気シリーズ

発疹の出る病気シリーズ
       
   
  http://www.dohoku-kinikyo.or.jp/files/lib/6/640/201801311533432983.gif
 
・・【医療費メモ】・・
 
   
   
 
お子さんが就学援助を受けていると、世帯全員も一条通病院・一条クリニックの無料・低額診療の対象になります。
   
    ―詳しくはこちらをクリック    
         
 
<<医療法人道北勤労者医療協会>> 〒078-8341 北海道旭川市東光1条1丁目1-16 TEL:0166-33-1117 FAX:0166-32-6925