フォーム
 
シラカバ花粉の飛散がピーク + 豆知識 雨の日に注意!
2017-05-09
5月9日(火)
 
こんにちは。

みなさん
ゴールデンウィークは
楽しめましたか?

私はちんまりと庭で
バーベキューをしたくらいで、
その後
に休日当番病院もあり、
なんだか
あっという間に
終わってしまいました。

さて、
シラカバ花粉の飛散が
いよいよピークに入っていますね。
今日も天気がよく
気温も上がるようなので
たくさん飛散するのでしょう。

ここで豆知識。

シラカバなどの花粉は
粒子が大きいので
目・鼻などの粘膜の症状以外では、
吸い込んで
喉に付着してから
咳やのどの違和感の
原因となります。

しかし
粒子が大きいがゆえに
気管支の奥までには
入らないので
喘息発作はおこしません。
 
ところが
雨が降った時などは
路上や土に落ちた花粉が

雨に砕かれて
蒸気となって漂います。
 
この微細な蒸気になった
粉砕された花粉の粒子は
気管支まで到達します。
 
ですから
喘息を
もともともっている
シラカバに反応がある人では、
雨の日には喘息発作の
原因となる可能性があるのです。
不思議ですね。

Dr 久保田
<<医療法人道北勤労者医療協会>> 〒078-8341 北海道旭川市東光1条1丁目1-16 TEL:0166-33-1117 FAX:0166-32-6925