http://www.dohoku-kinikyo.or.jp/files/lib/1/285/201702171107274576.png
qrcode.png
http://www.dohoku-kinikyo.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!

 
医療法人道北勤労者医療協会
〒078-8341
北海道
旭川市東光1条1丁目1-16
TEL:0166-33-1117
FAX:0166-32-6925
 
●医療機関

 
〒078-8341 旭川市東光1条1丁目
TEL : 0166-34-2111 
 
〒078-8341 旭川市東光1条1丁目
TEL : 0166-34-1136
 
■旭川医院(デイケア併設)
〒070-8003 旭川市神楽3条4丁目
TEL : 0166-61-1117
 
■旭川北医院(デイサービス併設)
〒070-0842 旭川市大町2条14丁目
TEL :0166-53-2111
 
■ながやま医院(デイサービス併設)
〒079-8415 旭川市永山5条11丁目
TEL : 0166-46-2211
 
■宗谷医院(デイサービス併設)
〒097-0001 稚内市末広3丁目
TEL : 0162-24-1117
 
 
老人保健施設

 
■老人保健施設 かたくりの郷
〒070-8003 旭川市神楽3条4丁目
TEL :0166-63-1165
 
 
●デイサービス

 
■一条ケアセンターデイサービス
〒078-8341 旭川市東光1条1丁目
TEL : 0166-31-1152
 
 
●訪問看護

 
■訪問看護ステーション 東光ぬくもりポート
〒078-8341 旭川市東光1条1丁目
TEL : 0166-34-2917
■訪問看護ステーション 宗谷さわやかポート
〒097-0001 稚内市末広3丁目
TEL : 0162-24-2223
 
 
フォーム
 
胃腸炎の流行
2017-06-23
6月23日(金)

今週は
胃腸炎が増えて
きました>_<

あとは先週に引き続き
アデノウィルス感染症
の方がみられました。
 
子供の胃腸炎と言えば
有名なものは
ロタウィルス胃腸炎ですが
近年ロタに対する
ワクチンが接種
(生後1か月半~6か月未満に接種)
できるようになり
効果が見られているため
入院するお子さんが
少なくなりました。
 
ただ最近の流行は
ノロウィルス胃腸炎
だと思われます。

「保育園の先生から
ノロの検査をしてきて
下さいと言われました」
と言われることがありますが、
まず便で検査すること、
外来では3歳以上の
お子さんの検査は
自費になることを
覚えておいて下さい。


ノロの治療は対症療法です。
吐き気止め整腸剤、
熱がでた時の
熱冷ましのお薬。

「下痢しちゃうから
水分を控えてました」と
言う方もいますが

これは誤りです。
少量の経口補水液を
何度も飲むことが
大事になります。

激しく吐いて
ぐったりするようなら
点滴や入院が
必要になることもあります。
 
来週は
中体連旭川大会が
ありますね!

大会前に病気や
怪我をしませんように…
全力で頑張って下さい(^^)/

看護師 坂牧
 
生まれた月でアレルギー性疾患の傾向あるのか
2017-06-20
6月20日(火)

すこし花粉症の話も
飽きてきたので…
まったく別のお話
 

昔むかしからアレルギー
をやってる
Drの中で直感的にですが
アレルギー性疾患を
発症する子の
出生月(何月生まれか)
の傾向があるのでは…

という都市伝説
(?(笑))
がありました。

まじめに統計をとって
喘息やアトピーになる子の
月を調べているデータが
たくさんありました。

それで秋・冬に生まれた
赤ちゃんに1歳半までの
間にアトピー性皮膚炎の
発症が多いという傾向が
わずかですが認めら
れていました。
(喘息も似たような
傾向でしたが、これは
今となっては
RSウイルスの流行期が
冬だったことで
ゼーゼーしている子が
多かったのだと
予想されます)。


その後も時折
このような疫学調査の
データーはありましたが、
やはり春先に生まれた子
よりも秋以降に生まれた
赤ちゃんに1歳過ぎまでの
アトピー性皮膚炎の
発症がわずかですが
多い傾向を示していました。

つい最近読んだ
海外の論文
(デンマークの大規模な疫学調査)
でもまったく同じ傾向を
有意差をもって
証明されていました。

これは何を
意味するのでしょう?

数年前に発表された
成育医療センターの報告で、
生まれた赤ちゃんに
湿疹がなくても
しっかり保湿剤を毎日塗る群と
湿疹が気になったら塗る群と
で比較をすると、
湿疹がなくとも
しっかり保湿剤を
毎日塗った群のほうが1歳から
1歳半の時点で
アトピー性皮膚炎の
頻度が低かったという
インパクトのある報告が
でました。

つまり生まれて最初
のシーズンが冬、
つまり乾燥する季節に
あたる場合は要注意で
しっかり保湿することが
必要であろうという
メッセージでしょう。

しかし
話はこれにとどまりません。
つづきは・・・来週で

Dr久保田
 
アデノウィルス感染症の流行
2017-06-16
6月16日(金)

幼稚園では
運動会の季節ですが、

近辺の幼稚園で
アデノウィルス感染症が
流行しているようで
保護者の皆さんも
幼稚園の先生も
ヤキモキしますね>_<

発熱、喉の痛み、下痢など
の症状があれば
診察や流行と併せて
検査をさせて
頂くこともあります。

しかし
診断がついても
特効薬はありません。

症状をやわらげる
対症療法を行います。

発熱は4.5日続くことも
多いため熱冷ましを
適宜使用し、
少し熱が下がっている
時間に
のどごしの良いものを
食べたり、
水分補給をすると
良いでしょう。
 
週末は天気が
良いみたいです。

みんな元気で
運動会に
参加できますように!

看護師 坂牧


 
血管運動性鼻炎(気温差 アレルギー)
2017-06-13
6月13日(火)

やっと天気になりました
(週末に晴れてくれれば・・)。
 

私、大間違いしていたようです…。

通勤路やジョギング
していて気づいたのですが、
水田地帯の旭川では
初夏のイネ科の雑草は
チモシ(オオアワガエリ)より
もカモガヤが
圧倒的に多いのですね・・・

畑作や牧草地はもちろん、
札幌市内でもイネ科は
チモシがカモガヤよりも
多いのですが、

水田地帯の旭川では
カモガヤのほうが
圧倒的に多いようなのです。
 
http://www.dohoku-kinikyo.or.jp/files/lib/6/457/201706130854124217.jpg
 
画像はカモガヤ:クリックで拡大します

もちろんイネ科の雑草は
ほとんど交差しますので
感作の状態に極端な
差はみられないとは
思いますが。

しかもよくみると
秋のヨモギの発育も
明らかに同時期の
札幌よりも早いですね
つまり早くに花粉が飛散するのでしょう)。

植生も地域ごとに
けっこう違うことを
実感しました。
(よく本州から来た人が
北海道では梅と桜が
同時期に咲くといって
驚かれますね)。


 
一方で この時期の
気温差・寒暖差で
鼻の症状(くしゃみ・鼻汁・鼻閉)
がでるものを
血管運動性鼻炎
(テレビ番組では気温差
アレルギーといってました)

といいます。

寒い外へでたとき、
運動を急にした時、
寒いところから
暖かい部屋へ入った時など
直後に症状がでますが
時間がたつと
鼻がなれて症状は軽快します。

治療はアレルギー性鼻炎と
大きくは変わりません。
心当たりがあればご相談ください。
 

Dr 久保田
 
日本脳炎ワクチン新規受付を再開しました
2017-06-09
6月9日(金)

今週の小児科は
アデノウィルス感染症、
RSウィルス感染症、
溶連菌感染症、
手足口病などの
患児がいましたが、
いずれも
大人数来院するわけでは
ありませんでした。


先週に引き続き
あまり流行っている
病気のない時期と
言えます。
 
今週初めから
日本脳炎ワクチンの
新規受付を再開しています。
供給が不安定で
ワクチン接種を延期
していただいた
方もいますが、
接種できますので
ご来院を検討下さい。

お待ちしています(^^)

看護師 坂牧
<<医療法人道北勤労者医療協会>> 〒078-8341 北海道旭川市東光1条1丁目1-16 TEL:0166-33-1117 FAX:0166-32-6925