http://www.dohoku-kinikyo.or.jp/files/lib/1/285/201702171107274576.png
qrcode.png
http://www.dohoku-kinikyo.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!

 
医療法人道北勤労者医療協会
〒078-8341
北海道
旭川市東光1条1丁目1-16
TEL:0166-33-1117
FAX:0166-32-6925
 
●医療機関

 
〒078-8341 旭川市東光1条1丁目
TEL : 0166-34-2111 
 
〒078-8341 旭川市東光1条1丁目
TEL : 0166-34-1136
 
■旭川医院(デイケア併設)
〒070-8003 旭川市神楽3条4丁目
TEL : 0166-61-1117
 
■旭川北医院(デイサービス併設)
〒070-0842 旭川市大町2条14丁目
TEL :0166-53-2111
 
■ながやま医院(デイサービス併設)
〒079-8415 旭川市永山5条11丁目
TEL : 0166-46-2211
 
■宗谷医院(デイサービス併設)
〒097-0001 稚内市末広3丁目
TEL : 0162-24-1117
 
 
老人保健施設

 
■老人保健施設 かたくりの郷
〒070-8003 旭川市神楽3条4丁目
TEL :0166-63-1165
 
 
●デイサービス

 
■一条ケアセンターデイサービス
〒078-8341 旭川市東光1条1丁目
TEL : 0166-31-1152
 
 
●訪問看護

 
■訪問看護ステーション 東光ぬくもりポート
〒078-8341 旭川市東光1条1丁目
TEL : 0166-34-2917
■訪問看護ステーション 宗谷さわやかポート
〒097-0001 稚内市末広3丁目
TEL : 0162-24-2223
 
 
フォーム
 
寒くなってきましたね
2018-09-21
9月21日(金)
 
ちょっと寒くなってきましたが、
秋晴れが続き気持ちの良い
季節ですね。
 
昨日は旭岳に雪が
降ったとのニュース。
 
旭川の初雪は一日でも
遅い方が良いと願っているのは
私だけではないと思います^ ^
 
さて今週の外来というと
胃腸炎症状の訴えが多く、
中には点滴をしていく
お子さんもいました。
 
他にはマイコプラズマ肺炎、
百日咳疑いの方も。

 百日咳は乳児期に三種混合や
四種混合ワクチンに含まれ
予防できる病気の一つですが、
小学5.6年生にもなると
その効果が薄れてきます。
 
不顕性感染もあり
しつこい咳の風邪として
経過をみることも
あるかもしれません。
 
診断するのは
難しい病気の一つです。
 
治療は抗菌薬の
内服になります。
 
乳児期にかかると
重症化する病気なので
乳児さんは生後三カ月になったら
早めに四種混合ワクチンの
接種を開始してほしいですね。
 
看護師 坂牧
 
非常時のアレルギーっ子の備え
2018-09-18
9月18日(火)
 
こんにちは。
先日の地震・停電は大変でした。
いまも余震があり
避難されている地域の方の
体調が心配です。
 
この停電は普段の備えの
いろいろなことを
考えさせてくれました。

アレルギーのお子さんの
いる家庭では
その準備をしっかり
しなければならないでしょう。
 
日本小児アレルギー学会の
ウエブサイトで
災害時のこどもの
アレルギー疾患対応パンフレット」が
PDFファイルでダウンロードできます。
是非いちどご覧になってください。
 
喘息なら、避難時は
日常よりも埃っぽく
発作も起こしやすいことは
容易に想像できますので
普段よりも1ランク上の治療(薬・吸入)を
あらかじめする必要があります。
 
電源がなくても吸入できるか?
(ドライパウダーやエアゾール製剤・
または車のカートリッジ電源を
使用できる小型のネブライザー)

アトピーも入浴ができないことを想定して、
ウエットティシュやおしりふきで体をふいて
(事前にその成分・アルコールや
香料などに肌が荒れないかを
チェックしておくことは必要)
外用薬は普段よりも1ランクつよい
塗り薬を最初から塗ることも必要です。

食物アレルギーの子は
主要アレルギー品目除去の
非常食レトルトなども
準備が必要です
(ウェブショップの「もぐもぐ共和国」
などでも販売しています)。

以前につぶやきに掲載した液体ミルク
(水・お湯がいらない)も
国内での生産・販売に向けての
法令上の整備・解禁にはなりましたが、
当面は実際には輸入品を
手に入れて備蓄することになります。
 
いちどこの機会にご家族で
備えに対してゆっくり
話し合ってみてはいかがでしょう。
 
Dr 久保田
 
ワクチンの流通が通常通りに戻りました
2018-09-14
9月14日(木)
 
まだ胆振地方では
余震が起きています。
旭川はだいぶ通常の生活に
戻ってきていますが、
何かと不便ですね。
 
先週お知らせした
ワクチンの流通が悪かった件ですが、
今週中くらいから通常に
戻っていますので
お知らせしておきますね。
ご迷惑をおかけいたしました。
 
今週は流行している病気は
あまりありませんでした。
 
溶連菌が少しだけ多いかな?
という印象です。
 
看護師 坂牧
 
ワクチンの入荷に遅れあり、定期接種については看護師にお問い合わせ下さい
2018-09-07
9月7日(金)
 
6日未明に起きた
北海道胆振東部地震ですが、
皆さんの地域は
ライフラインの復旧は
進んでいますか?

一条通病院は
幸い電気の復旧が早く
6日から通常診療が
できています。
 
電気のない生活は
本当に不便ですね。
 
6日来院した子供たちに
地震のことを聞いてみると
みんな「寝てたから知らない」と
言います。
親は大変だけれど
無邪気ですよね。

午後から来院された方の中に
携帯を充電させて欲しい
という
お母さんがいて、
ちょっとの時間ですが
充電していかれた方もいました。
 
今日になり
札幌から避難している方の
受診がありました。
 
札幌は断水もあり
小さいお子さんを抱えては
生活が難しいようです。

小中学校は
今日まで臨時休校で
10日からのことは
まだ決まっていないみたいですね。
 
いつもは面倒くさい学校ですが、
こんな休みはいりませんよね。
 
さて
当院は通常診療していますが、
被災の余波はあり、
ワクチンの流通が
止まってしまいました。
 
MRワクチン、
ジフテリア破傷風ワクチンは
在庫があるので接種可能ですが、
他のワクチンは入手困難な状況で
接種できなくなっています。
 
ただ接種期間が決まっている
水痘ワクチンや
日本脳炎ワクチンについては
看護師にお問い合わせ下さい。
ご不便をおかけしますが
よろしくお願いします。
 
看護師 坂牧
 
風疹が
2018-09-04
 
9月4日(火)
 
こんにちは。
 
この時期があっという間に
寒くなるのは
あきらめているのですが、
あまりに台風・前線による
天気の悪さに辟易の最近。
 
さて
首都圏(東京・千葉・
埼玉・神奈川)
では風疹が例年以上に
報告が増えている緊急情報が
新聞でもありました。
 
麻疹と違って輸入例
(海外から)というグループは少数で、
国内での発生からの拡大が
おもな流行のようです。
 
風疹は麻疹よりは
症状は軽いのですが、
妊娠初期の女性が
感染すると胎児に感染し
先天性風疹症候群という
疾患にかかってしまう
ことがあります。
 
眼科疾患(先天性白内障・網膜症)、
先天性心臓疾患、難聴、
神経疾患(精神遅滞、脳炎)など
が認められます。
 
今回の流行は9割が成人で、
男性で多く20-40歳台が主で、
成人女性では20歳台に発症者が多い
(性比は3.5:1)傾向を示しています。
 
先天性風疹症候群は
妊娠1ヵ月以内の感染で約50%、
妊娠2か月以内で20-30%、
妊娠3か月以内で約5%に
認められます。
 
MRワクチンを
2回接種していない方は
感染のリスクがありますので
ワクチン接種歴を
確認してみてください。
 
旭川市では市民で
予防接種歴のない方で、
妊娠を希望されている女性・
その夫など(婚姻関係は問わず)に
風疹の抗体検査と
抗体が不十分であった場合の
ワクチン(MRワクチン)費用の
助成をしています。
 
または保健所健康推進課保健予防係
詳細がわかります。
 
麻疹騒ぎの後で
MRワクチンはいまだに
入荷が不安定です。
 
各医療機関でどの程度
定期接種以外の方に
ワクチンを確保できるのかは
いまだになんとも言えませんが、
情報として知っていてほしく思います。
 
Dr 久保田
   
<<医療法人道北勤労者医療協会>> 〒078-8341 北海道旭川市東光1条1丁目1-16 TEL:0166-33-1117 FAX:0166-32-6925