http://www.dohoku-kinikyo.or.jp/files/lib/1/285/201702171107274576.png
qrcode.png
http://www.dohoku-kinikyo.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!

 
医療法人道北勤労者医療協会
〒078-8341
北海道
旭川市東光1条1丁目1-16
TEL:0166-33-1117
FAX:0166-32-6925
 
●医療機関

 
〒078-8341 旭川市東光1条1丁目
TEL : 0166-34-2111 
 
〒078-8341 旭川市東光1条1丁目
TEL : 0166-34-1136
 
■旭川医院(デイケア併設)
〒070-8003 旭川市神楽3条4丁目
TEL : 0166-61-1117
 
■旭川北医院(デイサービス併設)
〒070-0842 旭川市大町2条14丁目
TEL :0166-53-2111
 
■ながやま医院(デイサービス併設)
〒079-8415 旭川市永山5条11丁目
TEL : 0166-46-2211
 
■宗谷医院(デイサービス併設)
〒097-0001 稚内市末広3丁目
TEL : 0162-24-1117
 
 
老人保健施設

 
■老人保健施設 かたくりの郷
〒070-8003 旭川市神楽3条4丁目
TEL :0166-63-1165
 
 
●デイサービス

 
■一条ケアセンターデイサービス
〒078-8341 旭川市東光1条1丁目
TEL : 0166-31-1152
 
 
●訪問看護

 
■訪問看護ステーション 東光ぬくもりポート
〒078-8341 旭川市東光1条1丁目
TEL : 0166-34-2917
■訪問看護ステーション 宗谷さわやかポート
〒097-0001 稚内市末広3丁目
TEL : 0162-24-2223
 
 
フォーム
 
インフルエンザワクチン騒ぎ
2017-12-12
12月12日(火)
 
こんにちは。

診療圏でも
ぽつらぽつらと
インフルエンザが
ではじめてきました。
 
今年は
インフルエンザワクチンには
本当に困らされました

(というか
インフルエンザに限らず、
日本脳炎もB型肝炎も、
そしていまだに
MRワクチンも不足・・)
 
どうにかならないんでしょうかね。

患者さんも
現場もまったくとほほです。
 
今年は製造の途中で
不具合が起きて・・・
製造をやり直したため・・
納入の時期や量に
制限が重なり・・・
小出しに1-2週おきに
数十本ずつ
出荷・納入せざるをえない
形となり・・
と言われていますが・・。

私はワクチンの製造に
かかわるこれらの
出来事は今年だけでなく
今後も続くと思っています。

なぜなら在庫
(未出荷・売れ残り・返品など)
を極限に減らすのが

メーカーにとっては
商業的には正しく
利益があがるからです
(決して利用者のため
ではありませんが)。
 
つまり多少
供給不足気味に
するほうが

メーカーの商売としては
都合がいいのです。

ですからそれに
対応するためには、
利用者は面倒であっても
予約して個人確保を
するしか
手立てがないのです。
 
来年も必ず似たような
トラブルがあるでしょう。

ですから来年以降は
インフルエンザワクチンは
さらに予約を主として
実施したいと考えています。

皆さんの迷惑に
ならないように
どういう形での
予約がいいのかは
研究してみたいと思います。

予約をすることで
早めからの計画的な
接種でいつ流行するか
わからないその前に

2回接種を終了することも
可能になりますので。
 
(もちろん余裕があれば
来院時にも
随時接種という対応は
とりたいとは思っていますが。)

よろしくご理解ください。
 
Dr 久保田
 
明日インフルエンザワクチン新規受付再開します
2017-12-08
12月8日(金)
 
明日の
最低気温見ましたか?
マイナス14度!
 
この冬一番の
寒さになりそうです。

お布団から
出たくなくなりますね。
 
さて今週の外来ですが
胃腸炎が多かったです。

ノロウイルス胃腸炎が
大多数占めている
のだと思われますが、

保険で検査できる年齢が
3歳未満なので

ほとんどが
胃腸炎という
診断になります。

外出後、食事の前には
手洗いをしましょうね。
 
一時中止していた
インフルエンザワクチン新規受付は
入荷が早まり明日から
再開できること

なりました。

今度は入荷してくる
見込みがありませんので、
なくなったら終了です。
 
できたら早めに
来院して年内に
2回接種できるように
計画してみて下さい

今は体調が悪いけど
もう少ししたら
受けたいと思っている方は

インフルエンザワクチン限定web予約
を入れて頂けたら
ワクチンは確保しておきます。

ぜひ活用してくださいね。

看護師 坂牧
 
こどもの事故(2)
2017-12-05
12月5日(火)
 
こんにちは。
大雪です・・・
朝ドラもパスして雪かき!
 
地域的に
インフルエンザは

散見されているようです。

近隣の情報に
注意していてくださいね。
 
先週の
加熱式タバコの誤飲と
関連して。
 
2週前の朝日新聞にも
とりあげられていました記事で

9カ月の赤ちゃんが
直径約1cmの
おしゃぶり型の玩具を
飲み込み死亡した

事故がありました。
 
おしゃぶりが写真で
のっていたのですが、

これで(この大きさや形状で)
窒息にまでいたって
しまうのかと
正直びっくりして
しまいました。
 
窒息しにくそうな
大きさや形状でも
唾液が絡まるなどして
窒息することがある
とのことで

記事では直径4cm以下
のものは
乳幼児の口に簡単に入り
(これは従来からいわれている大きさ)、

特に0.6~2cmは喉に詰まる
リスクが高い
ことの注意
が喚起されています。

こどもは思いもしなかった
生活用品などを
飲み込んで
しまいますので、

危険を察知して
ふだんから手の届かない
ところへおいて
おくことが大切です。
 
日常生活での事故を
防ぐ啓発的な
ウェブサイトとして
 
を紹介しておきます。
時間があればご覧ください。

Dr 久保田
 
インフルエンザワクチンの 新規接種を一時中止
2017-12-01
12月1日(金)
 
12月に突入しました。
一年の締めくくりに
何をしましょう?
私はプチ大掃除ですかね(笑)
 
札幌の小学校で
インフルエンザでの
学級閉鎖がでているようですが、

旭川ではまだ
流行していませんね。

幼稚園児さんでは
RS感染症、アデノ、溶連菌が
流行っているところが
多かったようです。
胃腸炎も

流行ってきています。
 
さて、
ホームページでも
お知らせしていますが、

本日より
インフルエンザワクチン
新規接種を一時中止

させていただくことに
なりました。

次回入荷が12日の予定で、
新規接種の再開ができると
見込んでいますので
少しお待ち下さい。

12日からの
インフルエンザワクチン限定web予約
受け付けています。

ワクチンはなくなったら
また終了しますので
予約を入れておくことを
お勧めします。

当院で1回目を受けた方は
2回目分は確保しています
ので
診療時間内に
接種をお願いします。

(その際、診療時間内
web予約を活用して頂いてもOK)

今年はワクチンの生産が
少なくご迷惑を
おかけしますが、
ご了承下さい。
 
看護師 坂牧
 
加熱式タバコ
2017-11-28
11月28日(火)
 
こんにちは。
 
タバコを乳幼児が
手にとって誤飲する
という事故は

以前からよく
ありましたが、

最近はアイコス
(フィリップ・モリス)や

プルーム・テック(JT)から

加熱式タバコ
というのが
発売されています。
 
たまたま小児科学会雑誌でも
この加熱式タバコの
誤飲事件がとりあげられ、

事故件数も
急増しているので
簡単にお話しておきます。

加熱式タバコは
従来の紙巻きたばこ
のように火をつけて
燃焼(1000℃)して煙を発生
するものではなくて、

300℃程度に加熱して
そのミストを吸う
というものです。
 
外の出る煙(副流煙)が
少ないような印象で
周囲への影響や
健康にも悪くない
イメージで普及
しているようです。
 
しかし実際は
ニコチンはほぼ
同量含まれていますし、

発がん性物質や
ホルムアルデヒドや
ニトロソアミンなどの
有害物質も

含まれていますし、
 
呼いた息の中に
環境基準以上の
PM2.5も検出されています。。

 
しかもこどもの誤飲事故
として注意すべき点は
短いスティック(2.5cm)に

紙巻きたばこと
同量または
それ以上の

高濃度のニコチンが
含有されている
可能性が高くあります
(法規制が遅れて
含有量の表示義務が
まだないようです)。
 
乳児にとって
致死量である
紙巻きたばこ
1/2~1本を食べるのは
実際には困難ですが、

1本2.5cmの
スティックを
飲み込むのは容易で、

実際に誤嚥した
事故では
紙巻きたばこ
よりも重篤な
ニコチン中毒症状が
報告されています。

一方加熱式タバコと異なり、

専用のカートリッジ内の液体
(プロピレングリコール・
ニコチン含有など)を
電熱線で加熱し

ミストを吸引するのが
米国などで
販売されている
電子タバコです。
 
国内ではニコチンを
含む液体カートリッジの
販売は規制されいていますが

インターネットによる
個人輸入では入手が
合法的にできます。

米国の報告では
この電子タバコでも
乳幼児の誤飲により
紙巻きたばこ誤飲例よりも
明らかに重篤なケースが
多数あり、死亡例も
報告されています。

自身の健康被害と
いう観点からも、

こどもの誤飲の
リスクという観点からも

加熱式タバコ・電子タバコは
使用しないでほしい
(もちろん紙巻きタバコも)
というのが今日のお話でした。

Dr久保田
   
<<医療法人道北勤労者医療協会>> 〒078-8341 北海道旭川市東光1条1丁目1-16 TEL:0166-33-1117 FAX:0166-32-6925