ホーム>医師臨床研修>後期研修>家庭医療後期研修

医師臨床研修

家庭医療後期研修

プログラム 日本プライマリ・ケア連合学会認定
道北勤医協家庭医療後期研修プログラム
研修期間 初期研修後 4年間
研修施設 道北勤医協一条通病院(内科・外科・緩和ケア科)
勤医協中央病院(総合診療科・外科・救急・泌尿器科・耳鼻咽喉科・
放射線科・検査科・緩和ケア科)
勤医協札幌病院(産婦人科・小児科・皮膚科・眼科・
道東勤医協釧路協立病院(内科)
道南勤医協函館稜北病院(内科)
志恩会相川記念病院(精神科)
道北勤医協一条クリニック(内科・小児科)
道北勤医協宗谷医院(内科)
勤医協菊水子ども診療所(小児科)
研修の特徴

①日本プライマリ・ケア学会後期研修プログラムを中心に、家庭医・総合医養成のためのプログラムです。

②一条通病院総合病棟での病棟研修、在宅医療部や緩和ケア病床、回復期リハビリ病棟での研修に加え、日本最北の民医連院所・道北勤医協宗谷医院での副所長研修で、家庭医療を存分に学んで頂きます。

③総合医・家庭医養成に必要な小児科・産婦人科・精神科などの研修は、北海道民医連の施設と連携しながら実施可能です。

研修スケジュール

後期研修1年目

後期研修1年目は、初期研修2年間の研修内容・到達状況をふまえて、一条通病院総合診療病棟(内科・外科・緩和ケア科)での総合内科研修を行います(9ヶ月)。
救急診療部・在宅医療部での研修も取り入れながら、入院医療・外来医療・救急医療・在宅医療・緩和医療などの研修を行います。残りの3ヶ月は、臓器別内科専門分野の研修・他科研修を選択出来るものとします。

後期研修2年目

勤医協札幌病院小児科での入院外来研修(3ヶ月)、一条通病院総合診療病棟に所属しながら整形外科・産婦人科・皮膚科・精神科の外来研修を行います(6ヶ月)。
残りの3ヶ月は、1年目と同様、臓器別内科専門分野の研修・他科研修を選択出来るものとします。

後期研修3年目

日本最北の地、稚内市で第一線医療を実践している、道北勤医協宗谷医院での家庭医療専門研修を行います(最低6ヶ月、1年間を推奨)。

後期研修4年目

3年間の研修状況を踏まえ、研修医の意見も聞きながら、「必修の領域」「望ましい領域別研修」、その他の選択科から研修を選択し、家庭医療専門研修を行います。
初期研修医に対する研修指導をはじめとした教育のスキルアップ、subspecialty 分野のスキルアップ、臨床研究などに取り組みます。

後期研修医の評価方法(研修修了認定の方法も含めて)

  1. 同僚やメンターと責任指導医によるポートフォリオ評価が中心となります。1ヶ月に一回、Significant Event Analysis を行います。
  2. 多職種による360度評価や患者さん・地域友の会員からの評価を行います。
  3. 研修到達点の年度毎の確認・研修修了認定は、外部委員を含めた医師研修管理委員会にて行います。
    家庭医療学会が定めたポートフォリオ事例報告を中心に総括的評価を実施します。

プログラムの質の向上・維持の方法

  1. 全日本民医連グループで実施している、臨床研修交流会での経験交流、進んだ経験の導入を行います。 また指導医の全国規模での交流をします。
  2. 北海道内で家庭医療後期研修を実施している医療機関との合同カンファレンス・合同研修会に参加し、進んだ経験に学びます。
  3. 北海道民医連内の家庭医療後期研修医による定期的な研修会(二木会)に参加します。